2008年07月20日

【REVOLTECH】ヨハネ・クラウザーU世

RT-DMC-C2-01.jpg
クラウザーさんがなぜこんな所に!?
俺達の願い(リボルテック化)が現実になったんだ〜〜!

…というわけで、我らがメタルモンスター・クラウザーさんがまさかのリボ化!
今回はオーディエンス(笑)の声も時おり交えつつ紹介。

 

RT-DMC-C2-02.jpg

ちょっと身体が細い感じもしますが、元々のデザインもシンプルなためか造型はバッチリです。
顔もよく似てます。


RT-DMC-C2-03.jpg

マントがけっこう重いため、自立が難しいです。(それで今回はスタンドを使用してます)
マントを外せばそれなりに立たせられますが、カッコよくなくなっちゃうんだよなぁ…。


RT-DMC-C2-04.jpg

マントはリボルバージョイントで可動するため表情付けに便利です。
重さはネックだけど、こういう仕様は好きです。


RT-DMC-C2-12.jpg

帝王ジャック・イル・ダークから受け継いだ「伝説のギター」が付属。


RT-DMC-C2-05.jpg
出たー!クラウザーさんの“歯ギター”だぁ!



RT-DMC-C2-06.jpg
出たぁ!アレは“48のポリ殺し”の中の
“非情なるギター”だ〜〜〜〜〜〜〜!!



RT-DMC-C2-07.jpg

差し替えのオプションヘッド(叫び顔)と、「咆哮のマイク」も付属。


RT-DMC-C2-08.jpg

さらに早弾きしてるようにように見える“早弾きハンド”も付属。
アホなオプションだけどちょっとカッコよく見えるから困る(笑)。



ここからはちょっと他のアイテムと絡めてみます。
RT-DMC-C2-09.jpg

リボルテック「ブラックゲッター」のゲッタートマホークを拝借。
違和感なさすぎて怖い。


RT-DMC-C2-10.jpg
み、見ろっあの車の上!!クラウザーさんの生首だぁ〜〜〜〜〜!

スケールは違うし窓の向こうに体が見えないけど気にしない。
ちなみに車はバイナルテック「マイスター(MAZDA RX−8)」。


RT-DMC-C2-11.jpg

資本主義の豚がいないので代役。
原作を知らない方の為に言っておきますが、モモタロスは誇り高い仕事をしているとこです。



RT-DMC-C2-13.jpg
ギャ〜〜〜〜〜なぜ生まれて来やがった〜〜〜〜!!



…そんなこんなでクラウザーさんでした。
自立しにくいのがネックではありますが、フルアクションフィギュアが出てくれただけでも大満足です。

これから映画も公開されてますます盛り上がる「デトロイト・メタル・シティ」ですが、
このクラウザーさんは既にアクションフィギュアとしては決定版的なアイテムなので、
旬のうちに(ネタ的にでも)買っておくことをオススメします。



   
posted by かげ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リボルテック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103267012

この記事へのトラックバック