2014年08月31日

「ビックリマン原画展&サイン会」ミニレポート

BM-EOI-01.jpg

8/21から今日8/31まで渋谷パルコにて開催された「ビックリマン原画展」をちょっとだけレポート。
というか今回はほぼ自分の為の備忘録です(ぉぃ)

 
BM-EOI-22.jpg

まずはドドンとでっかいスーパーゼウスのパネルと「ビックリマン」のロゴ&キラキラ背景が!


ちなみに会場全体の様子などは
こちらのサイト→http://manga-style.jp/press/?p=16287でも紹介されているため、
ウチでは原画をはじめいくつかの展示品ををピックアップして載っけてみます。

BM-EOI-04.jpg

まずはご存知通し番号1番の最初の天使「桃太郎天子」。
鉛筆での書き文字が残っているのがたまらんですね←


BM-EOI-05.jpg

「十字架天使」(書いてあるけど)


BM-EOI-06.jpg

「ヘッドロココ」


BM-EOI-07.jpg

「愛然かぐや」

線画のイラストは細かな修正跡やサインペンの質感などが確認できて楽しかったです。


BM-EOI-08.jpg

「八魔オロチ」

数は少なめでしたがいくつか彩色されたものも。
当然ながらシールとは違った質感が感じ取れて美しさに魅入る感じに。


BM-EOI-09.jpg

「マリア・ショウ」
シルクスクリーン印刷ではなくなって使える色が増えてからのデザインなこともあり、
初期のカラーイラストとはまた違った美しさが。


BM-EOI-11.jpg

「ドラキュロス」


BM-EOI-12.jpg

「バンプ・ピーター」


BM-EOI-14.jpg

「デューク・アリババ」


BM-EOI-15.jpg

「デューク・アリババ」(彩色)
カラーイラストはどれも素晴らしかったですが、特にこのデューク・アリババは
元の絵が手が込んでいる上に塗りの厚みなども感じられて圧倒されました。


BM-EOI-16.jpg

今回のイベントに寄せられた著名人らからのお祝いの色紙。これもごく一部。
ビックリマンファンとしてお馴染みの千葉ロッテ里崎選手や漫画家の原哲夫先生、
ほかにも芸能人なども含めた様々なジャンルの方々から寄せられていました。


BM-EOI-17.jpg

中でも特に目を引いたのは有名イラストレーターである中村佑介先生によるヘッドロココ。
全て手塗りで間近で見ることによってその質感が堪能でき、これまた圧巻!


BM-EOI-20.jpg

他にパズドラとのコラボイラストや、


BM-EOI-21.jpg

旧チョコ版当時の未開封パッケージなども特別に展示されていました。
やはりこのパッケージを見ると今でもときめくなあ。(中身のことは考えない)


◆おまけ
BM-EOI-23.jpg

会場限定の特装版「ビックリマン原画大全」。
自分が行った23日にはこれを購入してさらに整理券を入手した300人限定で、
ビックリマンのイラストレーターである米澤稔先生・兵藤聡司先生のお二人による
サイン会に参加することができました。

ちなみにサイン会の様子は撮影禁止だったので画像はありませんが、
イラストレーターお二人の写真やインタビューが
こちらのサイト→http://www.excite.co.jp/News/bit/E1408943266646.html
取り上げられているので参考までに。


BM-EOI-30.jpg

そしてこれがその原画大全に書いていただいたサイン!宛名は本名にさせていただきました。


さてここからサイン会&自分の想いについて書くので長文になります。
読みたくない人は我慢してしっかり一字一句読んでください。(嘘です好きにしてください)

ともかく、こういったサイン会は悪魔VS天使シール30年の歴史の中で今回が初めてということで、
コレクターの一人として手が届くのであればこのチャンスを見過ごす理由は無かったわけです。

お二人には長年の尊敬・応援・感謝などさまざまな伝えたい気持ちがあり、
しかし時間をとって迷惑が掛かってもいけないのでそういったものをなるべく短い文章で
頭の中で整理し、ドキドキワクワクしながらこの日・この時を迎え、
そしてついにまずは米澤先生と対面した時・・・頭の中の内容が全部飛んだーーー!!

あれ?なんか自分の目、潤んじゃってる?緊張するとは思ってたけどこれは予想外!

その時の脳内!
「あ、いま自分すげえ目がうるうるしちゃってる。そしてそれを米澤さんがめっちゃ見てる!
バレたら恥ずかしいぞこれは〜〜〜。というか確実にバレてるよなこれ。バレてる!恥ずかしい!
ただでさえ緊張してるのに恥ずかしさでますます緊張して言葉が出てこねえよチクショオオ!
あ〜でも神様(米澤さん)優しい表情されるなあ〜。神々しいなあ〜〜〜!」
この間おそらく2〜3秒!

で、たぶん、ずっと応援してたこととサイン&握手をして頂いたことへの感謝を
短く口にしたと思うのだけど、正確には覚えてない。

続いて兵藤さんもサインと握手に応じてくださり、やはり何か少し話したはずだけど覚えてない。
とにかくニコニコ笑顔が印象的だった。

夢中になってシールを集め情報を貪り、入荷情報を聞いては遠くのお店まで自転車を飛ばしていた
子供の頃、まさかそのイラストを描いている人と直接逢ってサインをもらう日が来ようとは、
全くもって予想してしてなかったなあ。まあ当たり前といえば当たり前ではあるけど。

本当になんというか、夢のような時間だった…。
もちろん頂いたサインは自分の持つ全ての趣味アイテムの中でも一番の家宝に。
最高という言葉でも足りないくらいの一生の思い出になりました。


◆関連記事
謎のビーエムジパング伝説


posted by かげ at 21:19| Comment(0) | レジャー・イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。