2016年04月17日

【TF:マスターピース】MP-10 コンボイ(ビークルモード/ギミック編)

TFMP-10V-01.jpg

マスターピースから2度目の登場となるサイバトロン総司令官「コンボイ」を、
今回の「ビークルモード/ギミック編」と次回の「ロボットモード/アクション編」の2回に分けて紹介!

 
◆本体
↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-02L.jpg
-コンボイ&コンテナ(前面)-

ビークルモードはトレーラートラック。
旧バージョンである「MP-01 コンボイ」ではオミットされたコンテナが今回は最初から付属。
コンボイはやはりこの見た目が非常にしっくりきますね。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-03L.jpg
-コンボイ&コンテナ(背面)-



TFMP-10V-04.jpg

上から見たところ。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-05L.jpg

真横から。
どの角度から見ても昔アニメで見たコンボイそのままのイメージ。


TFMP-10V-06.jpg

コンテナの後部ドアは開閉可。内部はこんな感じになってます。
整備ドック等(後述)に変形するギミックもあるため細かいモールドがびっしりと。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-07L.jpg

画像のMP-12ランボルなど、同じマスターピースの初期カーロボットメンバーならば
だいたい乗せられそうな広さがあります。


TFMP-10V-08.jpg
-コンボイ本体(前面)-

キャブ部分単体でもアップで。
バンパーやホイール等にふんだんに使われたメッキ加工が美しい。


TFMP-10V-09.jpg
-コンボイ本体(背面)-



↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-10L.jpg

初代コンボイ(復刻版)と。
メッキが施された部分も含め各部の色味もそっくり。
当然ながら今回のMP版の方が大きくディテールアップされているわけですが、
30年以上前の型なのにそこまで見劣りしない旧トイ版の完成度の高さにも改めて唸らされます。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-11L.jpg

手持ちのG1コンボイ的な(中でも特に四角っぽい)人たちを並べてみました。
左から極小変形、EZコレクション、ハイブリッドスタイル、ロボットマスターズ、G1(復刻版)、
そしてマスターピース。
やはりG1版が最も今回のマスターピースと雰囲気が近いですね。


TFMP-10V-17.jpg
-ローラー(前面)-

旧MP版では数回のリニューアル時にも付属しなかったローラーが初MP化!
パトランプはクリアパーツ製。


TFMP-10V-18.jpg
-ローラー(背面)-

6輪のタイヤは全て可動しコロ走行ができます。
他にもいくつかギミックがありますが後ほど紹介。


◆付属品
TFMP-10V-12.jpg

ロボットモード時に手に持たせられる「レーザーライフル」と拳に取り付ける「エナジーアックス」、
そして胸部に収納できる叡智の結晶「マトリクス」。


TFMP-10V-13.jpg

レーザーライフルはこのように折りたたんでコンボイの背中に収納することができます。


TFMP-10V-14.jpg TFMP-10V-15.jpg
-スパイク-

サイバトロンの友人である地球人「スパイク」のミニフィギュアも付属。
身長は4cmほど。


TFMP-10V-16.jpg

腕の付け根、脚の付け根、膝が可動。
必要最小限という感じですが、これだけでも本体の様々なギミックを余す所なく楽しむことができます。


TFMP-10V-22.jpg
-キャラクターカード(表)-

マスターピース恒例のカード。


TFMP-10V-23.jpg
-キャラクターカード(裏)-



◆ギミックなど
TFMP-10V-24.jpg

スパイクを運転席に乗せられます。
G1コンボイの元になったダイアクロンカーロボット「バトルコンボイ」の
隊員搭乗ギミックのオマージュとも言えるかも?


TFMP-10V-25.jpg

外から見ると運転してるように見えるのでこれは良いRobots in Disguise。


TFMP-10V-19.jpg

ローラーは後部を少し変形させて、


TFMP-10V-20.jpg

レーザーライフルを取り付けることが。
またスパイクも搭乗できます。


TFMP-10V-21.jpg

さらにコンテナを牽引することも。


TFMP-10V-26.jpg

コンテナはコンボイ本体ともローラーとも接続しない際には、
底面からスタンドを引き出して立たせておくことができます。


TFMP-10V-27.jpg
-ヘッドクォーターモード-

コンテナ内の指令コックピットを引き出して「ヘッドクォーターモード」に。
実際に上のコックピットに乗ったらすごく眺めが良さそう。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-28L.jpg
-コンバットデッキ-

コンテナを展開し、指令コックピットやオペレーションマニピュレータの位置を整えることで
「コンバットデッキ」に。


TFMP-10V-29.jpg

コックピットにはスパイク搭乗可。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-30L.jpg

マニピュレータは数カ所に可動軸があり、物を挟んだりできます。


TFMP-10V-31.jpg

また左右に形状の異なるオペレーションシートがあり、


TFMP-10V-32.jpg

それぞれにスパイクを座らせることが。
スパークプラグやチップ、カーリーなんかも欲しくなるなあ。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-33L.jpg

マスターピースでなくても、G1リメイク系のトイとも相性は良いかと。
基地遊び楽しいです。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-34L.jpg
-整備ドック-

今度は縦に立たせるような感じで「整備ドック」に。


TFMP-10V-35.jpg TFMP-10V-36.jpg

左右のラックにレーザーライフルとエナジーアックスを収納可。
エナジーアックスが出っぱなしというのもおかしな感じですが(笑)。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-37L.jpg

ロボットモードのコンボイをこのように立たせることで整備中っぽい感じに。
もちろん他のTFを立たせるのも良いでしょう。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-10V-38L.jpg



以上、MPコンボイ「ビークルモード/ギミック編」でした。

とにかく盛り沢山のギミックが搭載されており、トランスフォーマー本来の醍醐味である
ロボットへの変形を楽しむ前に、もうお腹いっぱいになるくらい遊べてしまいます。

基地遊びが楽しいのはもちろんのこと、個人的にはミニフィギュアと絡めて遊ぶのが好きなので
スパイクが付属してくれたのはかなり嬉しいですね。

さてそんな感じでもうこのコンボイのレビューはこれで終わりでもいいような気分になってしまいましたが、
アクションフィギュアとしての完成度も無視するわけにはいかないレベルになっているので、
次回は「ロボットモード/アクション編」と題してもう一本やりたいと思います。


◆関連レビュー
【TF:マスターピース[Limited]】MP-12 ランボル(トランスフォーマー博開催記念特別仕様)
【TF:マスターピース】MP-24 スターセイバー(ブレインセット/セイバー編)
【TF:マスターピース】MP-24 スターセイバー(合体/スターセイバー編)



 
posted by かげ at 22:08| Comment(0) | TF:マスターピース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。