2016年05月08日

【TF:マスターピース】MP-21 バンブル

TFMP-21-01’.jpg

TFトイのハイエンドシリーズ『マスターピース』より、「サイバトロン/情報員 バンブル」を紹介!

 
◆本体・付属品
TFMP-21-02.jpg
-ロボットモード(前面)-

ある程度のディテールアップは施されているものの、
体型やパーツ配置などアニメから飛び出してきたような「これぞバンブル!」といった佇まい。
ボンネット部が足首になって靴を履いてるみたいになってるのが良いですね。個人的には100点。


TFMP-21-03.jpg
-ロボットモード(背面)-

首の後ろの黒いナンバープレートパーツはスペアタイヤケースと交換が可能。


TFMP-21-04.jpg

交換した状態。
ちなみに外したパーツはタイヤケースの内側に取り付けられるようになっており、余剰にならない親切設計。


TFMP-21-05.jpg TFMP-21-06.jpg
-頭部アップ-

ほぼアニメそのまんまのお顔。
フェイスパーツを交換することで通常(左)と笑顔(右)を選択することができます。
ただ遠目に見ると違いがわかりにくいので、笑顔の方はもう少し口が大きく開いててもよかったかなと。


TFMP-21-07.jpg

こちらは「Amazon.co.jp」での先行予約特典「バトルフェイスパーツ」を付けた状態。
G1当時の玩具版フェイスをイメージしたものになってます。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-21-08L.jpg

同じマスターピースより「MP-10 コンボイ」(左)、「MP-12 ランボル(TF博限定版)」(右)と。
ロボットモードでのサイズ差は意識して設計されているらしく、かなり作中イメージに近い感じ。


TFMP-21-09.jpg

「MP-10 コンボイ」付属のスパイクと。
これはさすがに差がありすぎて作中イメージとは全く違いますが、まあ仕方ないですね。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-21-10L.jpg

「変形!ヘンケイ!」版のバンブルと比較。なんと身長はそこまで変わらないという。
しかしこうやって並べるとMP版の色味はもう少し赤味が少なくても良かったかな、という気も。


TFMP-21-11.jpg
-ビークルモード(前面)-

ビークルはディーラーの正規ライセンスを取得した「フォルクスワーゲン・タイプ1(通称ビートル)」。
クラシカルかつ丸っこい可愛らしいデザインがリアルに再現されてます。


TFMP-21-12.jpg
-ビークルモード(背面)-

画像は用意してませんが、底面にレーザーガン(後述)とスペアタイヤケースを取り付け可。


TFMP-21-13.jpg

後部にタイヤケースを付けた状態。
(余談ですが、今回のレビューはこの先ずっとケースを付けたままにしてます)


TFMP-21-14.jpg

ボンネットにはフォルクスワーゲンのエンブレムが。


TFMP-21-15.jpg

ビークルモードでスパイクと。
これでもまだスパイクが小さいですが、ロボットモードよりは違和感が薄いと思います。


TFMP-21-16.jpg
-エクセルスーツ(前面)-

続いておまけと呼ぶには豪華な付属品、エクセルスーツ。
説明書等には「エクセルスーツ」としか記載されておらず中の人が誰なのかは不明ですが、
バンブルとセットとということは素直に考えて(大人になった)スパイクでしょう。

ただダニエル用もほとんどデザインに差は無いので、ダニエルとして遊ぶのもアリかと。


TFMP-21-17.jpg
-エクセルスーツ(背面)-



TFMP-21-18.jpg
-頭部アップ-

頭部のキャノピーは取り外せるので(というか変形時に取り外しが必要)、外した状態で。
こう見るとやっぱりスパイクっぽいですね。


TFMP-21-19.jpg

妻子持ちになったスパイクとティーンエイジャーのスパイクが時空を超えた対面!
頭部のサイズは今回の方が大きくなってます。


TFMP-21-20.jpg

巡り巡ってやっと今回のセット同士で。
並べるとやはり「ザ・ムービー」な感じに。


TFMP-21-21.jpg
-ビークルモード(前面)-

エクセルスーツも変形可能!というかエクセルスーツもこれビークルモードって言うんだなあ。
ちなみに先ほどちらっと書きましたが、変形の際にキャノピーだけ一旦取り外し、
中の人の首を上に向けてから再び取り付ける必要があります。


TFMP-21-22.jpg
-ビークルモード(背面)-



TFMP-21-23.jpg

意味はないけどキャノピー外した状態で。
ずっと首を上に向けてるの大変そう…。


TFMP-21-24.jpg

武器(もちろんバンブル用)はレーザーガンが付属。


TFMP-21-25.jpg
-キャラクターカード(表)-



TFMP-21-26.jpg
-キャラクターカード(裏)-



◆アクションなど
TFMP-21-27.jpg

バンブル(&エクセルスーツ)、トランスフォーム!

TFMP-21-28.jpg


TFMP-21-29.jpg


TFMP-21-30.jpg


TFMP-21-31.jpg


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-21-32L.jpg

変形難易度は5段階(低1←→5高)で言うとバンブルは3.5、エクセルスーツは2.5くらい。
どちらも特別難しい部分はありませんが、バンブルのボンネットのパーツが腹部に収納される工程は
予想外で驚き&感嘆しました。


TFMP-21-33.jpg
「よ〜し、オイラもがんばっちゃうもんね!」

可動はもちろん全身フル可動。
マスターピース基準で言うと手首の回転と指可動がありませんが、
サイズのこともあって特に不満には感じません。


TFMP-21-34.jpg

指可動が無いことで手の(ポージングの)表情付けが出来ないのはちょっとだけ気になるものの、
その代わり武器の保持力はバッチリ。
MPに限らず指可動があるものは保持力が弱いことが多いからなあ〜。


TFMP-21-35.jpg
「オイラだってやるときゃやるんだもんね!」



TFMP-21-36.jpg

バトルマスクオン!


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFMP-21-37L.jpg
「行くよスパイク!」

エクセルスーツの可動箇所はほとんど変形の都合で動く部分しか無いため割と不自由です。
まああくまで付属品なのでこんなものかと。いや変形するだけで充分っす。


TFMP-21-38.jpg

サイズ差を逆手に取ってスパイクを背中に乗せてみたり。
本編でこんなシーンは(たぶん)無いけど、やっぱりバンブルとスパイクは一緒が馴染むな〜。


TFMP-21-39.jpg

何話か忘れたけどコンボイに抱えられたシーン。


TFMP-21-40.jpg

まさにサイズ差バッチリという感じ。
そして溢れる親子感。


TFMP-21-41.jpg



以上、マスターピース版バンブルでした。

マスターピースは大体そうではありますが、まさに決定版!と言える出来。
初代アニメのイメージのバンブルが欲しいという場合、これ以上のものは当分出ないでしょう。

エクセルスーツは個人的にはそれほど思い入れが無かったため、正直最初は
「これいらないからその分安くしてくれないかな…」などと不届き千万なことを考えてましたが、
実際に触ってみると思いのほか変形が楽しく、実のところバンブルより変形させてる回数が多かったりw

なんだかんだでかなり満足度の高いアイテムです。


◆関連レビュー
【TF:マスターピース】MP-10 コンボイ(ビークルモード/ギミック編)
【TF:マスターピース】MP-10 コンボイ(ロボットモード/アクション編)
【TF:マスターピース[Limited]】MP-12 ランボル(トランスフォーマー博開催記念特別仕様)
【TF:マスターピース】MP-24 スターセイバー(ブレインセット/セイバー編)
【TF:マスターピース】MP-24 スターセイバー(合体/スターセイバー編)



 
posted by かげ at 23:26| Comment(0) | TF:マスターピース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。