2016年07月24日

【TF:レジェンズ】LG21 ハードヘッド

TF-LG21-01.jpg

『トランスフォーマーレジェンズ』より、ヘッドマスターのリメイクが本格始動!
その第一弾である「サイバトロン地上攻略員 ハードヘッド」を紹介!

 
◆本体・付属品
TF-LG21-02.jpg TF-LG21-03.jpg
-ヘッドマスター-

頭部へ変形する小型ロボ・ヘッドマスター。というか国内設定ではこれがハードヘッド本人。
胴体が細いのにやや違和感を感じますが、かなり小サイズながら顔の塗装などしっかりとした造り。
背中には大きな顔が逆さまに付いてますが、今後出るものも含めて気にしてはいけないポイント。


TF-LG21-04.jpg

可動は首と肩がボールジョイント、左右くっついた脚が付け根と膝が軸可動します。
変形とビークルへの搭乗のための必要最小限、といったところ。


TF-LG21-06.jpg TF-LG21-07.jpg

いつもと順番は違いますが、ロボットモードの頭部アップを先に紹介。
先に発売された海外版からデザインが変更されており、アニメ『ザ・ヘッドマスターズ』での
デザインにそっくりになってます。いやむしろ少しイケメン度アップしてる?


TF-LG21-11.jpg
-ビークルモード(前面)-

ビークルはSFチックな戦車。コロ走行ができます。
その他のギミックは後述。


TF-LG21-12.jpg
-ビークルモード(背面)-



TF-LG21-40.jpg

ビークルを変形させると首の無いロボット状態に。


TF-LG21-08.jpg
-ロボットモード(前面)-

ヘッドマスターを「ヘッドオン」することで正式なロボットモードに。
腕がちょっぴり長めですが基本的にスタイルは良好。
G1玩具版にあった胸のパラメーター展開ギミックは本シリーズではオミットされています。


TF-LG21-09.jpg
-ロボットモード(背面)-



↓ 画像クリックで拡大 ↓
TF-LG21-10L.jpg

同シリーズ「LG09 ブレインストーム」と。
アニメ作中では同じくらいの身長でしたが、ブレインストームはボイジャークラス、
今回のハードヘッドはデラックスクラス相当のためこんな身長差に。
仕様が異なるため頭部の交換もできません。

ちなみに海外ではデラックスクラスに再度リメイクされたブレインストームがすでに発売されており、
まだ正式な発表はありませんがいずれ国内でも発売されると思われます。


TF-LG21-13.jpg

ここからはビークルモードのギミックを。
G1版と同じようにコクピットにヘッドマスターが搭乗可。


TF-LG21-14.jpg

キャノピーを閉じるとこんな感じ。


TF-LG21-15.jpg

ランチャーにも搭乗させられる部分あり。
またランチャーはある程度動かすことができます。


TF-LG21-16.jpg

ランチャーには別途付属する武器(後ろの緑色のもの)をジョイント可。
またヘッドマスターの足の裏には穴が空いており、数カ所に備わっているピンに差すことで
立たせることができます。


TF-LG21-17.jpg
-タンケッテ(タンクモード・前面)-

国内版オリジナルの付属品としてパートナードローン「タンケッテ」が付属。
ロボットモードにはなりませんが3モードに変形。
付属コミックではこの見た目で女の子の人格を持っている様子が示唆されています。


TF-LG21-18.jpg
-タンケッテ(タンクモード・背面)-



TF-LG21-19.jpg

ヘッドマスター搭乗可。
砲身は上下に可動。


TF-LG21-20.jpg
-タンケッテ(ジェットモード・前面)-

ひっくり返して機首と翼を展開することでジェットモードに。


TF-LG21-21.jpg
-タンケッテ(ジェットモード・背面)-



TF-LG21-22.jpg

こちらのモードでもヘッドマスター搭乗可。
ちなみに説明書では膝関節を前に曲げて乗せるように指示されていますが、なんとなく気持ち悪いので
この画像では立て膝立ちのような状態で乗せてます。と言っても足元見えてませんが…。


TF-LG21-23.jpg
-タンケッテ(武器モード)-

ジェットモードから翼をたたんで手持ち用のグリップを起こすことで武器モードへ。
ハードヘッドの手に持たせることができます。


TF-LG21-24.jpg

付属コミックを少しだけ。
ミニロボ(ヘッドマスター)状態でカラオケを楽しむハードヘッド。
アニメでは合体状態で歌うシーンがあり、カラオケ好きの設定が踏襲されてます。


TF-LG21-25.jpg

ヘッドオンしてロボットモードに。
今後発売予定アイテムのヘッドマスターも登場してます。


TF-LG21-26.jpg

おまけな感じで比較的近年の小さいロボットたちの比較。
左からMPスターセイバーの勇気のブレイン、今回のハードヘッド、先ほど紹介した「LG09」のカーナ、
海外版CWウルトラマグナスの中の人ミニマス・アンバス、(TFじゃないけど)ダイアクロン隊員。


◆アクションなど
TF-LG21-27.jpg

ハードヘッド、トランスフォーム!

TF-LG21-28.jpg


TF-LG21-29.jpg


TF-LG21-30.jpg


TF-LG21-31.jpg


TF-LG21-32.jpg


TF-LG21-33.jpg
ヘッドオン!!


TF-LG21-34.jpg

変形難易度は5段階(低1←→5高)で言うと3.5くらい。
平べったいビークル時の上部を胸から背中へ折りたたむような変形が面白いです。
もちろんヘッドオンギミックも楽しい!


TF-LG21-35.jpg

ハードキャノン!


TF-LG21-36.jpg

可動は腰回転こそ無いものの首はある程度上下にも動き、
最近のデラックスクラスでは珍しい拳回転や変形都合で肘が二重関節だったりとなかなか良く動きます。


TF-LG21-37.jpg

タンケッテ、バースト!
一応持てますが、ずっと持たせたままだと腕の関節がヘタレそうな感じ。


↓ 画像クリックで拡大 ↓TF-LG21-38L.jpg

まだほかの(同フォーマットの)ヘッドマスターを持ってないのでダイアクロン隊員を乗せてみたり。
なんだか当たり前のようにしっくりきます。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TF-LG21-39L.jpg

最後は音楽好きの仲間たち(一人勇者が混じってるけど)とカラオケ大会!
アニメでカラオケやった時はブロードキャストではなく青いツインキャストでしたが、そこはご愛嬌。


以上、ハードヘッドでした。

一部オミットされたギミックはあるものの、アニメのイメージをよく再現した優良リメイク!

ヘッドオンとミニロボ搭乗ギミックだけでかなり遊べるところに、
さらにドローンまで付いてきて単体でもお腹いっぱいになります。

しかし真価はこれから。
今後発売される同規格のヘッドマスターとは頭部交換が可能なので
(同時発売のガルバトロンは見送ったため今回はできませんでしたが)
仲間を集めるのも非常に楽しみです。


◆関連レビュー
【TF:レジェンズ】LG09 ブレインストーム
【TF:デヴァイスレーベル】ブロードブラスト



 
posted by かげ at 23:43| Comment(0) | TF:レジェンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。