2016年09月18日

【TF:TITANS RETURN】XORT & HIGHBROW(ゾート&ハイブロウ)

TFTR-HB&X-01.jpg

海外展開の『TITANS RETURN』より、「ゾート & ハイブロウ」を紹介!

 
◆本体・付属品
TFTR-HB&X-02.jpg TFTR-HB&X-03.jpg
-タイタンマスター「XORT(ゾート)」-

『ザ・リバース』では「GORT(ゴート)」という名前でしたが何か事情があるのか変更されてます。
同時発売のクロームドームのタイタンマスター「STYLOR」には無かった頭部の塗装がこちらは有り。
ほんのわずかでもあるのと無いのとではだいぶ印象が違いますね。

なお可動やヘッドオンギミックについては『【TF:レジェンズ】LG21 ハードヘッド』を参照のこと。


TFTR-HB&X-04.jpg TFTR-HB&X-05.jpg
-ヘッドモード-

同シリーズの他のキャラは基本的にG1玩具準拠のデザインですが、このハイブロウは完全にアニメ寄りに。
元々ヘッドマスターのキャラは国内版で出る際にアニメ準拠の顔に変更されてますが、
このハイブロウはこのままでも良さそうな気も。
でもやっぱり変更されるため、個人的にはこっちの方が好みなのでこの海外版だけ購入することにしました。


TFTR-HB&X-06.jpg

そんなわけで頭部の造形に関しては文句ないのですが、なぜかジョイント部(顎の下の白いパーツ)が
胴体からはみ出ており、接続がやや不安定な上に見た目にも少々違和感が出てしまってます。
本アイテムで唯一と言ってもいいウィークポイント。
何か良い改善方法は無いかなあ…。


TFTR-HB&X-07.jpg
-ビークルモード(前面)-

G1版のイメージを色濃く再現したヘリコプターモード。
このアイテムは同シリーズ「スカージ」のリデコなのですが、とてもそうは思えない素晴らしい出来。

ただ、G1版では3枚だったローターの羽根が2枚になっており、
ここまで再現できるのならもう一歩頑張ってそこまでやってほしかったな、とも思います。


TFTR-HB&X-08.jpg
-ビークルモード(背面)-

余談ですが今回のレビューで初めてタカラトミー純正の「トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド」を
使ってます。

ハイブロウのビークル底面に3mm穴が空いているので、それを利用して画像のようにディスプレイが可能。


TFTR-HB&X-09.jpg

コックピットにはタイタンマスターが搭乗可。


TFTR-HB&X-10.jpg
-ロボットモード(前面)-

本当にスカージのリデコとは思えないほど、各部のパーツ配置などG1時代のイメージを残しつつ
上手く現代風にアレンジされています。


TFTR-HB&X-11.jpg
-ロボットモード(背面)-

かかとが長く、接地の安定性は良好。
肩のローターは軽く触れただけでも動いてしまうので、
ロボットモード時だけでも固定できればなお良かったのですが。


TFTR-HB&X-12.jpg

武器は2丁の銃が付属。
ほぼ左右対称のデザイン。


TFTR-HB&X-15.jpg

ビークルモードではこのように翼の下に取り付けるように説明書で指示されてます。


TFTR-HB&X-16.jpg

こちらは特に説明書等には書かれてませんが、武器を一旦外して90°まわして再び取り付け、
機種底面にあるランディングギアを展開することで着陸態勢にすることもできます。


TFTR-HB&X-13.jpg

また武器を合体させるとミニビークル(?)的なものに。


TFTR-HB&X-14.jpg

タイタンマスターが搭乗可。
底面にピンがあり、タイタンマスターの足の裏にある穴でしっかり固定できます。


TFTR-HB&X-17.jpg
-キャラクターカード(表)-

パッケージにも使われているイラストがカードに。


TFTR-HB&X-18.jpg
-キャラクターカード(裏)-

裏にはテックスペックが。
『ヘッドマスターズ』では頭脳担当なので知的なイメージですが、意外にもフィジカルが一番高かったり。
『リバース』ではリーダー格だから…?


◆アクションなど
TFTR-HB&X-19.jpg

ハイブロウ、トランスフォーム!

TFTR-HB&X-20.jpg


TFTR-HB&X-21.jpg


TFTR-HB&X-22.jpg


TFTR-HB&X-23.jpg


TFTR-HB&X-24.jpg


TFTR-HB&X-25.jpg
ヘッドオン!!


TFTR-HB&X-26.jpg

変形難易度は5段階(低1←→5高)で言うと2くらい。
全体的に直感的でわかりやすく、各部パーツの位置決めもしっかりしていて遊びやすいです。


TFTR-HB&X-27.jpg

可動は腰回転が無いものの、肩周りは平均以上に可動範囲が広くそれなりに良く動きます。
また前述の首の浮いた感じも、顎を引けばある程度ごまかせます。


TFTR-HB&X-28.jpg



TFTR-HB&X-29.jpg

これも説明書にはありませんが、合体させた武器を両手持ちさせてツインバ○ターライフル風にも。


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFTR-HB&X-30L.jpg

サイバトロンヘッドマスター四銃士集結!
ハードヘッド(左端)だけ国内版なのですが、並べてもほとんど違和感が無くて良かったです。


TFTR-HB&X-31.jpg

ここからは友情のクロスヘッドオン!
まずはハードヘッドと。


TFTR-HB&X-32.jpg

続いてブレインストーム。
お互いにちょっと違和感あるかな。


TFTR-HB&X-33.jpg

クロームドームと。
もしかしてハイブロウの顔って他のメンバーよりちょっぴり大きく見える?


↓ 画像クリックで拡大 ↓
TFTR-HB&X-34L.jpg

最後はビークル&ヘッド(タイタン)マスターで全員集合!


以上、ハイブロウでした。

ブレインストームに続いてこちらの方が頭部のデザインが好み、という理由で海外版を購入。
ありがたいことに近年は(物にもよりますが)国内版とのクオリティの差もそれほどなく、
遊びやすさといいカッコ良さといい、なかなか気に入りました。

これでサイバトロンヘッドマスター4人が揃いましたが、個人的には本命は国内版クロームドームなので、
そちらをレビューする際にまた集合させようかなと思います。


◆関連レビュー
【TF:TITANS RETURN】AUTOBOT STYLOR & CHROMEDOME(スタイラー&クロームドーム)
【TF:TITANS RETURN】AUTOBOT TESLOR & BRAINSTORM(テスラー&ブレインストーム)
【TF:レジェンズ】LG21 ハードヘッド
【TF:TITANS RETURN】WHEELIE(ウィーリー)
【TF:TITANS RETURN】REWIND(リワインド)



 
posted by かげ at 21:53| Comment(0) | TF:TITANS RETURN(海外版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。